就職実績~2014.8~12月までに就職された方々~

2014年度8~12月までに デザイナーになった方達のインタビュー

●本科コース 渋谷さん

会社名:株式会社ジーニーズ CGデザイナー

■Q.3DCG業界を目指すきっかけ

元々DisneyやPixarの制作したトイ・ストーリーやWALLY、ラプンツェル等の作品が好きでした。
そういった作品を見ていく中で、現実にはありもしないキャラクタ等を自由に作ることができるCGに興味を持ち、自分もそういった作品を作ることのできるCG業界を目指そうと考えました。

■Q. アルケミーに入学した理由

元々大学で2年ほどCGを学んでいましたが、就職活動中に自分の実力があまりにも足りないと実感する場面が多く、短期間で実力をつけられるスクールを探していました。そんな中で入学する決め手となったのは短期間で集中して出来ることと、生徒作品のクオリティが高かったことですね。

■Q. アルケミーで過ごしたことを 振り返って

作品を作る中で、自分では気付かなかった点を指導して頂けたことや、ただCGを作るのではなく、自分の作品をどう見せるかといったまた違った考え方を学べたことも大きかったと思います。
また、本気でCG業界を目指す方々が集まる中で、様々な年齢の方と話し、刺激を受けることが出来てよかったと思います。

■Q. これから業界を目指す人達に アドバイス

まだ本格的に働き始めたわけではないので、大したことは言えませんが、自分のやりたいことを明確にして学ぶことは大切だと思います。
この業界を目指そうとしたきっかけを大切にし、学んでいけばきっと叶うはずです!

●本科コース 上西さん

会社名:株式会社デジタル・フロンティア 3DCGエフェクター

■Q.3DCG業界を目指すきっかけ

Unityやオキュラスリフトに触れてCGに興味を持ったことと、
アニメや映画が好きだったからです。

■Q. アルケミーに入学した理由

半年で就職を目指すカリキュラムと、月謝制だったことです。

■Q. アルケミーで過ごしたことを 振り返って

自分のペースで進められる環境が良かったと思います。

■Q. 今現在、どんな仕事をしてい ますか?

CGのエフェクト作成

■Q. これから業界を目指す人達に アドバイス

まだ業界に入ったばかりなので、アドバイスする立場ではないのですが、
1日長時間座るので、肩や腰がこらないように柔軟・筋トレをしようと心がけています。

●本科コース 糸賀さん

会社名:フォートン株式会社

●3DCG業界を目指すきっかけ

進路先について悩んでいる時に、映画を見て感動したのがきっかけです。
ものすごく感動して、自分も人が感動する様な映像を作りたいと思った為です。

●アルケミーに入学した理由

学費が安く、短期間で集中してスキルを身につけられると感じた為です。

●アルケミーで過ごしたことを振り返って

一日中スクールにこもって、作品作りをすることが現場の仕事に直結しているとすごく感じました。
周りの同志が、頑張っていると自分も頑張らなきゃと思える環境が良かったと思います。
また、お互いに意見を出して、スキルについて教え合ったりできるので、スキルの習得にいい環境だったと思います。

●今現在どんな仕事をしていますか?

(職種が完全に決まっていない)
※はじめ、ムービーレタッチャーとしてご連絡をいただいたのですが、
後日、「営業職の可能性も少なからずあるかも。」と言われまして、現段階ですと、職種を断言できないです。
すみません。

●これから業界へ目指す人達にアドバイス

本気でこの業界に入りたいと思っているのなら、貪欲にどんどんスキルを身につけるために行動するといいです。
勉強会、セミナー、交流会など、色々な方とお話すると自分のすべきことが次第と見えてくると思います。

●本科コース 鍋井さん

会社名:ソラ・デジタル株式会社

■Q.3DCG業界を目指すきっかけ

幼い頃から絵画教室で油絵やデッサンなどを6年間学んでいたのですが、
何か手描き以外の方法で芸術を表現できる手段は無いかなぁと考えている時に
金原朋也さんの「SUIREN」という作品に出会い
CGってこんなに美しい表現ができるの!?と衝撃を受けCG業界を目指し始めました。

■Q. アルケミーに入学した理由

現場直結型で最短でプロの感覚を身につけれるのではないかという点と、
月額制で他校に比べると学費が安く支払いがしやすかったためです。

■Q. アルケミーで過ごしたことを 振り返って

3DCGが全く初心者だったので解らない事だらけで作業中は何かあるたび先生に何度も何度も質問していました。
何で?どうやって?わからない!と質問責めで
正直かなりうるさい生徒だったと思います。笑
しかしどの先生も嫌な顔1つせず個々のレベルに合わせて丁寧に1つ1つ答えてくれるので安心して操作を覚えることができました。

また、私のような初心者ばかりではなくCGを使いこなしている年齢の離れた先輩などもいたので
自分の将来像を想像できて刺激になりました。

■Q. 今現在、どんな仕事をしてい ますか?

今年いっぱいはコンポジット、
来年1月からフル3DCG映画のエフェクターとして始動する予定です。

■Q. これから業界を目指す人達に アドバイス

自分の心から楽しいと思う分野に進めばいいと思います。
就職活動で面接を受ける事になっても、楽しいと思う分野だからこそ自分の良さを伝えれる事があると思います。