意外と忘れてる !? モデリング時に便利なセレクション機能

モデリング作業時に便利なMayaの機能『Selection』の機能について説明をしていきます。

1.画面上部左側にあるメニューセットを『Polygons』にします。

ge01

2.Selection

この機能はモデリング作業時にコンポーネントの選択範囲を拡張したり、コンポーネントの変換を行えます。
※コンポーネント … 構成要素(頂点、面、エッジ、UV)

ge022

3.コンポーネントを選択して(例えばEdge等) Ctrlキー + 右クリック長押しすることで
マーキングメニューからも、この機能を使用できます。

ge03

4.Selectionメニューの一部説明です。


Select Edge Loop tool…複数のポリゴン エッジを共有する頂点によって、連続して繋がったエッジを選択することが出来ます
Select Edge Ring Tool…複数のポリゴン エッジを共有する面によって連続して繋がったエッジを選択することが出来ます


Select Border edge Tool…穴が空いている(ボーダーエッジ)エッジを選択します
Select Shortest Edge Pass Tool…2つの頂点間のエッジを最短距離で選択します


Grow Selection Region…選択範囲を拡張する(ショートカット Shift + >)
Shrink Selection Region …選択範囲を縮小する(ショートカット Shift + <)


Convert Selection to Faces…選択しているコンポーネントをフェイスに変換する。
Convert Selection to Edges…選択しているコンポーネントをエッジに変換する。
Convert Selection to Vertices…選択しているコンポーネントをバーテックスに変換する。
Convert Selection UVs…選択しているコンポーネントをUVに変換する。

ctrl + 右クリックでSelctionマーキングメニューから選択すると便利!

5.ペイントセレクション、投げ縄ツール

ペイントセレクション

Edit ≫ Paint Selection tool
ペイントすることによりコンポーネントを選択することができます。
選択済みのコンポーネントを選択解除するにはCtrlキーを押しながらペイントします。

投げ縄ツール(Lasso Select)
Edit > Lasso Tool
フォトショップの投げ縄ツールのようにドラッグした範囲を全て選択します。